なたまめ茶に毒性はある?


焙煎なたまめ茶 なたまめ100%使用 2g×30P【フジックス】

健康に良いと話題のなたまめ茶ですが、インターネット等でしらべていると副作用や毒性といった言葉を目にしたという方も多い事でしょう。
なたまめ茶の原料となる赤なた豆は、生の状態では毒性があり、そのままでは副作用があります。

完熟した豆をしっかりと水洗いをし、中まで強火で焙煎した場合には、副作用が起こる可能性はほぼないと言われています。
しかし、体質的に合わないというケースもあります。

なたまめ茶の副作用として吐き気や下痢、吹き出物などが表れます。
副作用には個人差がある為、その症状やひどさなども様々です。

初めてなたまめ茶を飲む場合、まずは少量を少しずつ飲むようにすると良いでしょう。
様子を見ながら少しずつ、飲む量や回数を増やしていきます。

蓄膿症や花粉症に効果があると言われるなたまめ茶は子供が飲む事も可能です。
子供に飲ませる場合も、副作用に注意して少量ずつから初めていくと良いでしょう。

なたまめ茶を選ぶ場合、信頼できる商品を選ぶ事も重要です。
商品の製造方法やどのような状態で栽培されたなた豆なのかなどをチェックしておくと安心です。

できるだけ国内生産で無農薬の物を選ぶなど安心できる商品選びをする事が大切です。


</html>