なたまめ茶の安心


焙煎なたまめ茶 なたまめ100%使用 2g×30P【フジックス】

健康に様々な効果があると人気になっているなたまめ茶ですが、副作用について心配している方も多い事でしょう。
なたまめ茶の原材料となっている赤なた豆は、完熟していない場合、毒性が残るとされています。

また、完熟した物でも少量の毒性が残る場合もあります。
「ジャックの豆の木」というお話に登場するなた豆ですが、食用とする場合は毒性がほとんどない白なた豆が良いとされています。

しかしながら、白なた豆にはなたまめ茶の有効成分として上げられているカナバニンやコンカナバリンAが含まれていません。
これら有効成分を摂取するなら赤なた豆を選びましょう。

赤や褐色の豆は良く水洗いをして灰汁を取り、しっかりと中まで加熱処理する事が大切です。
副作用の症状としておう吐や下痢、吹き出物、胃腸障害などが挙げられているので注意が必要です。

たちなた豆は毒性が強い為、食べない方が安全と言われています。
なた豆の有効成分を効果的に体内に取り入れるにはお茶として飲むのが最も良いとされています。

市販のなたまめ茶を選ぶなら、国内生産で無農薬の物を選ぶと安心です。
自分で作る場合は、水洗いでしっかりと灰汁を抜き、フライパン等で強火で中まで加熱する事が重要です。


</html>