なたまめ茶の作り方


焙煎なたまめ茶 なたまめ100%使用 2g×30P【フジックス】

花粉症や蓄膿症、歯槽膿漏、肝臓機能の回復などに高い効果があると注目されているのがなたまめ茶です。
なたまめ茶はインターネットを中心にいろいろなメーカーから発売されています。

市販されているなたまめ茶を購入するのが最も手軽な方法ですが、手作りで作る方も増えています。
手作りしている方の中には豆から栽培している方も多くいます。

なたまめ茶の原材料であるなた豆ですが、メーカによりピンクや赤、白などの種類が異なります。
素人が栽培する場合、毒性が無い白なた豆が安全とされています。

ピンクや赤の豆は毒性が残る可能性もあるので注意しましょう。
なた豆は中までしっかりと火が通るように焙煎します。

しっかり焙煎したらフードプロセッサーなどで細かく砕きます。
後は普通のお茶を入れるのと同じ要領です。

煮だすとしっかりとした濃いなたまめ茶を飲む事ができます。
栽培するのに10カ月かかるといわれるなた豆ですが、栽培する場所がないとか、面倒そうという方も少なくないでしょう。

そのような場合は、収穫した物を乾かした状態の乾きたなた豆も発売されています。
自分で豆を栽培する場合、毒性が強いとされるたちなた豆は避けた方が良いでしょう。


</html>