Home > ラシックスの特徴

ラシックスの特徴




高血圧やむくみなどに効果的との理由で医師から利尿薬を処方されたという方も多いでしょう。
利尿薬には、炭酸脱水酵素阻害薬 (アセタゾラミド)、ループ利尿薬 (フロセミド)、チアジド系利尿薬 (トリクロルメチアジド)、抗アルドステロン薬 (スピロノラクトン)があります。

中でもループ利尿薬は肝臓に悪影響を与えない為、最も多く使われている薬と言われています。
ループ利尿薬の中でも代表的なのが、ラシックスという薬です。

ラシックスの特徴は、腎臓の尿細管で水分や塩分が再吸収されるのを防ぎ、尿量を増やします。
ラシックスの服用量で尿量を調整する事ができ、それぞれの症状に合わせて服用量を決める事ができます。

夜に服用する事で睡眠に困難をきたす場合は、服用を調整するといった事も可能です。
ラシックスは副作用がでる可能性がある薬の為、医師の診察の元、指示により服用する事が大切です。

インターネットなどで個人輸入により購入も可能ですが、初めて服用する場合は、医師に相談してからの方が安心でしょう。
他の薬との飲み合わせや食べ物との相性による食べ合わせなどにも注意が必要です。

特にラシックスを服用して飲酒をした場合は、めまいや立ちくらみなどの副作用を起こしやすい為注意が必要です。
【むくみ解消決定版!】ラシックス 5箱(合計450錠)【くすりエクスプレス】【むくみ解消決定版!】ラシックス 5箱(合計450錠)
3,550円

【むくみ解消決定版!】ラシックス 5箱(合計450錠)
Ads by 電脳卸