ニキビケアの進化


ニキビというと思春期の象徴ともいえるもので、出来て当たり前といった考えが一般的です。
しかし、最近ではできるだけニキビを作らない為のニキビケアや出来てしまったニキビを痕を残さずに治すためのニキビケアが注目されています。

また、思春期を十に通り越してからできる大人ニキビに着目したニキビケア用品も増えています。
以前はアルコールによる殺菌作用で雑菌の繁殖を抑えるタイプが主であったニキビケア用品ですが、近年ではとても進化しており、肌への負担を少なくしより高い効果が出やすい商品が続々と発売されています。

ニキビケア用品の多くはオイリー性肌用の物ばかりでしたが、皮膚科学の進化とともにドライスキンや敏感肌でも安心して使える商品も豊富に揃っています。
アルコールの刺激で肌がひりひりしてしまう事が多く、ニキビケア用品を敬遠していたという方でも安心して使える商品が増えているので、インターネットなどを利用して調べてみると良いでしょう。

以前からニキビに効果的と言われてきたのがビタミンCですが、皮膚科学の進化により特に注目されているのが進化系ビタミンC誘導体(APPS)です。
APPSは通常のビタミンCに比べ、肌への浸透力が10000倍で、肌への刺激が弱いと言われています。





ニキビケア関連グッズ

広告[PR]

</html>