ニキビケアで吹き出物


思春期にできるのがニキビで、思春期を過ぎてできるのが吹き出物と思っている方も多いでしょう。
ニキビと吹き出物の違いにはホルモンバランスが大きく関わっていいます。

思春期には様々なホルモンが分泌され、これにより皮脂も多く分泌されます。
この皮脂が毛穴に詰まり、雑菌が繁殖する事でニキビができます。

思春期を過ぎ、ホルモンバランスが安定すると皮脂の分泌も抑えられ、ニキビはできにくくなります。
しかし、思春期を過ぎてからもストレスや生活習慣や食生活の乱れなどが原因でホルモンバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されてしまう場合も多く、ニキビと同じように雑菌が繁殖し吹き出物となります。

ニキビも吹き出物も過剰分泌された皮脂が原因の為、吹き出物のケアもニキビケア用品で行う事も可能です。
しかし、思春期と事なった事が原因で起こるホルモンバランスの乱れを正常の戻すケアが大切になります。

その為、大人ニキビと呼ばれる吹き出物はできるだけ大人ニキビケア用のケア用品を選ぶ方がより良い効果が期待できます。
大人ニキビ用のニキビケア用品は過剰な皮脂を抑えるだけでなく、乱れたホルモンバランスや肌細胞に働きかける作用があるものが目立ちます。

大人ニキビの原因に、化粧品が肌質に合っていないケースやメイクの汚れがしっかり落ちていないケースもあるので注意しましょう。






ニキビケア関連グッズ

広告[PR]

</html>