ニキビケアで炎症をしずめる


朝起きたら昨日までなかったはずのニキビができていてショックを受けたという経験をした方も多いでしょう。
ニキビ跡を残さない為にはでき初めの処置がとても大切です。

ニキビは炎症がひどくなると化膿して悪化してしまい、肌表面がデコボコしてしまったり、色素沈着などを起こしてしまうケースが多くみられます。
その為、ニキビ用スキンケア用品などでしっかりとニキビケアをするなどして、炎症を鎮める事が必要です。

ドラッグストアなどで販売されているニキビケア用品の多くは医薬部外品です。
医薬部外品は、有効成分が含まれているが効果や作用が穏やかに働くもので医薬品のように治療を目的としているよりは、予防効果を目的としている商品が目立ちます。

炎症があまりひどくない場合は、医薬部外品のニキビケア用品でも対応できる場合もあります。
しかし、肌に合わない場合、さらに炎症を悪化させてしまう可能性もあるので注意が必要です。

酷い炎症を鎮めるなら医薬品と表示されている物を使用した方が早い効果を得る事ができます。
薬局で薬剤師に相談したり、皮膚科医などで相談すると良いでしょう。

化粧品と表示されているニキビケア用品は、できてしまったニキビのケアというより、日ごろの予防を目的とした物となります。





ニキビケア関連グッズ

広告[PR]

</html>