ニキビケアが気になる中学生


ニキビの悩みをもっとも多く抱えている年代は中学生です。
思春期に差しかかり、様々なホルモンが活発に分泌される中学生時代は皮脂も多量に分泌されます。

部活動などで掻いた汗に含まれる皮脂やほこりや汚れなどで毛穴が詰まり、雑菌などが繁殖してニキビを引き起こします。
小学生までは、水のみで済ませていた洗顔も中学生になったらニキビケア用の洗顔料などを使用し始め、しっかりと予防する事が大切です。

洗顔後は肌表面を保護しながら雑菌の繁殖を防ぐ為にもニキビケア用の化粧水を使用するとさらに効果的です。
中学生に多くみられるのが、小さなニキビが顔の幅広い面にできる症状です。

特に皮脂の分泌が盛んに行われるオデコから鼻、顎にかけてのTゾーンに多くみられる症状です。
ニキビケア専用商品にはTゾーンを中心にケアする商品もあります。

大きな化膿した状態のニキビが多くみられる場合は、潰したり刺激したりせずに医薬品を使用して治療する事が必要です。
薬局やドラッグストアで市販されているニキビケア用品で改善が見られない場合は、ニキビ治療を行っている皮膚科医へ相談してみると良いでしょう。

インターネットを利用する事でニキビ治療を積極的に行っているクリニック情報を得る事ができます。





ニキビケア関連グッズ

広告[PR]

</html>