Home > ホルモンの検査

発育不良や体調不良に大きな影響




成長ホルモンや女性ホルモンの乱れが発育不良や体調不良に大きな影響を及ぼす事は良く知られています。
ホルモンは生理活性物質の事で、体内の特定の期間で合成・分泌されます。

主に血液などの体液を通して体内を循環し、体内の器官などいろいろな機能が正常に維持するように働きかける物質です。
ホルモンは、ペプチドホルモン、ステロイドホルモン、アミノ酸誘導体、プロスタグランデン があります。

体の元気の元とも言われるホルモンは多すぎても少なすぎても良くありせん。
ホルモンの以上により起こる病気も多く、内分泌疾患と呼ばれます。

体調がすぐれない、調子が悪いといった場合、ホルモン以上による内分泌疾患の可能性もあります。
特に更年期に差し掛かった女性の場合、女性ホルモンの異常が原因の可能性もあります。

ホルモンの検査を受けて、適した治療を受けるなどすると改善の繋がります。
ホルモンの検査は多くのクリニックで行っています。

予約制でホルモンの検査を行っている場合もあるので、事前に問い合わせてから来院した方が良いでしょう。
検査費用は検査内容やクリニックにより異なります。

ホルモンの分泌量を知る事は自分の体の良く知る事につながります。
適切な対策や対応策も取りやすく、受けてよかったという意見が大半を占めています。



コルチゾール

人間の体を健康に保つ為に欠かせないのがホルモンです。
近年、健康ブームもあり、ホルモンの検査を積極的に行う方も増えています。

普段あまり聞きなれない言葉が多いホルモンですが、どれも体に重要な役割を持っています。
健康の為にもホルモンの検査で基準値を適切に維持する心がけが大切です。

身体の様々な器官から分泌されるホルモンは薬として利用されているものも多数あります。
コルチゾールは糖質コルチコイドと呼ばれる成分の一種で、ヒドロコルチゾンとも記載され医療薬剤として使われています。

コルチゾールは、副腎皮質から分泌される副腎皮質ホルモンのひとつで、強い作用を発揮するステロイドホルモンです。
強い抗炎症作用をもたらす為、人体に悪影響を与える可能性もあります。

コルチゾールはストレス量により分泌量も変化します。
その為、コルチゾールホルモンの検査を受ける事で、自分では気づきにくいストレス量を把握し、ストレス量や躁鬱病などの予防や発見などにも役立つと言われています。

躁鬱病は初期段階では自分はもちろん、家族や周囲もわかりにくい病気です。
気づいた時には重症化しているケースも多い為、日頃からの注意が必要です。

コルチゾールのホルモンの検査は血液から行います。
血液検査でわかるホルモンも多く、気になるホルモンがあった場合は一緒に検査してもらうのも良いでしょう。