Home > ダイエットと酒類

お酒は控えた方が良い?




ダイエット中はお酒は控えた方が良いとされています。

お酒類そのものにもカロリーがあり、高カロリーの物もあります。

サワーやカクテルは、甘いジュース類で割る割っている物も多く、高カロリーな物が多い為、気をつけなければなりません。

水やお茶類などで割った物を選んだ方がカロリーは低くなります。

ダイエット中のお酒を避ける方が良いと言われる原因に一緒に食べる食品が関係します。

お酒に合う食品はカロリーも高い物が多く、お酒と共についつい食べ過ぎてします傾向があります。

最近ではカロリー控えめやノンカロリーといった製品も多数販売されており、ダイエット中でも安心して飲める商品も沢山あります。

また、つまみとなる食材や食べ過ぎに気をつける事で、ダイエット中でもお酒を楽しむ事が可能となっています。



アルコールとダイエットの関係

ダイエットをする際にアルコールを断つという方も多いでしょうか。
当然アルコールの種類にもよりますが、基本的にカロリーが高いとされているのが理由としてあげられます。

しかし、ダイエット中であっても中々アルコールをやめられない方もいるかもしれません。
そのような場合はアルコールの中でも焼酎などであればカロリーも低く、ダイエット中でも飲む事ができます。

また、飲む際のコツは、焼酎であれば水やお茶類などローカロリーで割るようにしましょう。
ほかにもダイエット中にアルコールを避けた方が良い理由としては一緒に食べる食品にもあります。

飲酒中におつまみを食べるかたが多いのではないでしょうか。
このおつまみがカロリーの高い食品であることが多い為、摂取カロリーオーバーとなりダイエット失敗の原因になります。

その為、ダイエット中どうしても飲酒をする場合は、アルコール種類やおつまみを工夫する事が大切です。