Home > 食事で痩せる

お粥ダイエット



仕事や習い事など様々な理由で夕食の時間が遅くなってしまうという方も少なくないでしょう。
寝る前にしっかりご飯を食べると太りそうと感じながら、空腹感に耐えられずしっかり食べてしまうという方も多く、罪悪感すら感じてしまう方もいます。

夕食を食べ過ぎると朝食時に食欲が起きずに朝ごはんを食べないという方もおり、結果昼食や夕食を食べ過ぎるといった悪循環を生んでしまいます。
お粥ダイエットは、主食の白米をお粥に変えるだけのダイエット方法で、ご飯のカロリー摂取を減らす事ができます。

身体を温める効果もあり、新陳代謝を上げる事ができます。
消化も良い為、翌朝には、すっきりした気分と空腹感を感じる為、朝食ととる事ができるなど健康な体つくりに欠かせない生活習慣を得る事ができます。

お粥は、米1に対して水の量を5,7,20と替える事で全粥、七分粥、五分粥となります。
特に水の量は気にする事無く、長続きさせる事が大切です。

気分に合わせて水の量を変えたり、野菜を一緒に入れたりしても良いでしょう。
縮緬雑魚や昆布、梅干しなどでバリエーションをつけたお粥にすると飽きる事無く続ける事ができます。

インターネットでもおかゆダイエットについて紹介しているサイトが数多くあるので、参考にすると良いでしょう。



りんご寒天ダイエット

ダイエットを経験した方の多くがストレスと感じるのが空腹感です。
痩せたいけれど食べたいといったストレスを無理に我慢してしまう事で途中で挫折をしてしまい、リバウンドしてしまうという事も少なくありません。

無理なく続ける為にもノンカロリーでしっかり満腹感を得る事ができる食材を利用する事が成功の秘訣となります。
海藻が原料の寒天は人体に消化吸収されない不要性食物繊維の食材です。

どんなに食べても太る心配が無い上に、食後にしっかりとした満足感を長続きさせる事ができます。
寒天の食物繊維が腸内をすっきりさせる効果がある為、便秘解消に効果的です。

余分な脂肪や老廃物、悪玉コレステロールなどを便と一緒に排泄する事ができる為、健康な腸内環境に整える作用があります。
しかしながら寒天は体を冷やす食材とされています。

そこで寒天に体を温める食材であるリンゴを加えたリンゴ寒天ダイエットが注目されています。
リンゴには美肌美白効果がある上に、腸内の善玉を増やす働きを持つペクチンが体内コレステロールを消費させる働きがあり、寒天効果に加えてより高いダイエット効果を上げる事ができます。

リンゴ寒天の作り方はインターネットでも入手する事が可能です。

豆乳スープダイエット

昔から畑の肉と呼ばれ、日本人の食生活に大豆は欠かす事ができない良質の食材として積極的に食べられてきました。
良質のアミノ酸や食物繊維が豊富に含まれており、カロリーも引く為、豆腐や納豆などは健康維持だけでなく、ダイエット中にも積極的に取り入れた方が良い食材です。

特に女性は女性ホルモンと同じ働きを持つとされる大豆イソフラボンを積極的に摂取する事で、ホルモンや代謝のバランスを保ち、美容と健康により良い効果があるとされています。
また、大豆には、血糖値を下げ、肝機能代謝を高めて中性脂肪を下げたり、血圧を下げる効果など、メタボ解消に効果的な超善玉ホルモン「アディポネクチン」が含まれています。

メタボ改善やダイエットに効果的な大豆をたっぷり摂取する事ができると注目されているのが豆乳スープダイエットです。
豆乳に豆腐や大豆を加えたスープで、手軽にたくさんの大豆を食べる事ができます。

さらにシイタケやネギ、省がニンニク、昆布など血をきれいにしたり流れを良くする野菜を加える事でより高い効果を上げる事ができます。
食べごたえもありお腹にしっかり溜まる為、低カロリーで満腹感をしっかり得る事ができます。

ダイエットしながら美肌効果や健康にも繋がる為、性別や年齢を問わず、人気となっています。