Home > ダイエットの停滞期のしくみ

消費カロリーが低下


ダイエットをはじめると思うように体重が落ちない期間がかならずあります。

これはダイエット中の停滞期と呼ばれる現象です。

なぜダイエット中の停滞期は訪れるのでしょうか。

ダイエットを行った場合には、個人差はありますが開始前にくらべ減量することになります。

減量の原理は消費カロリーが摂取カロリーを上回ることで減量していきます。

ただ、急に減量した場合に人間の体の本能が異常事態と勘違いすることで、消費カロリーが低下する休眠状態となります。

この休眠状態が停滞期となります。

しかし、ある一定期間が経過すると自然に体が間違いであることを認識する為、もとの消費カロリーに戻ります。

ダイエットを継続している期間中には、一定間隔でこの停滞行動を繰り返します。