Home > 食べ物とその栄養素について

バランスの良い食事が大切




私達の毎日の健康の為には、バランスの良い食事が大切です。
また、沢山の食品を食べようと過剰になりすぎて、カロリーがオーバーしてしまっても肥満の原因となってしまいます。

栄養価の高い食品を効率的に摂取する事が大切です。
人間の体に必要な栄養素を5大栄養素といいます。

体の調子を整えるビタミンとミネラル、熱や力になる脂質・糖質、体を作るタンパク質の5つです。
ビタミン・ミネラルは野菜や海藻などに多く含まれています。

糖質・脂質は米や小麦など主食となる食品に多く含まれています。
そして、タンパク質は肉や魚、乳製品に多く含まれています。

これらの食品をバランス良く、カロリーコントロールしなが摂取する事が望ましいとされています。
とはいえ、忙しい時にカロリー計算をしながらの食事を毎回作ることは難しいかもしれません。

最近では栄養士により栄養バランスとカロリー計算された食品の宅配サービスなども増えました。
何度か利用してみる事で、メニューやレパートリーを増やす事が出来ます。

食品には一緒に摂取する事で、栄養効果をさらに発揮する物も多くあります。
また、一緒に摂取する事で、せっかくの栄養が体内に吸収されない場合もあります。

きゅうりに含まれるアスコルビナーゼは、ビタミンCを破壊してしまいます。
南瓜などにも含まれるアスコルビナーゼは熱に弱い為、加熱調理をします。

また、酢にも弱いとされているので、酢がたっぷりのオリジナルドレッシングなどと一緒に食べましょう。
食べ合わせに関する本や、ホームページなどを活用し、効果的に体内に取り入れましょう。

太ると思われがちな主食ですが、大切なエネルギー源です。
白米を玄米や発芽米などに変えることで、栄養価も高くなります。

また、玄米は良く噛んで食べなくてはならない食べ、食べ過ぎの防止にもなります。
玄米を主食に変えた方には、脂っこい食事よりも、あっさりした食事の方が良く合うという方もいます。

あっさりした食事を好むようになった事で、結果減量できたという方も多いのです。
白米に混ぜて炊くだけの雑穀なども、お勧めです。

タンパク質を多く含む肉や乳製品も太るイメージが強い食品です。
しかし、体を作る大切や栄養素なのです。

肉類は余分な脂部分を取り除いたり、茹でる、網で焼くなどでカロリーを抑える事が出来ます。
乳製品はカルシウムを多く含んでいる為、低脂肪などを利用し積極的に摂取します。

毎日の食事に少し気を配るだけでも、栄養不足を防ぐことは出来るのです。