Home > ダイエットと睡眠時間

食生活や生活習慣が多きく影響




睡眠時間が少ないと痩せるといった意見もあります。

確かに身体は寝ている間はカロリーの消費は少なくなります。

寝る前三時間以内に食べると太るといわれるのも、寝ている間のカロリー消費量が少ない事が影響しています。しかし、睡眠時間が少ないと身体の基礎代謝は落ちる傾向にあります。

効果的に脂肪を燃焼する為には基礎代謝は欠かす事ができません。

睡眠時間が少ない日が続くと、基礎代謝が落ちるばかりか身体が冷えたり効果的にカロリー消費をする事もできない状態となってしまいます。

基礎代謝を上げる為にも、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

早ね早起きは朝ごはんは、身体の体温を高める効果や基礎代謝を上げる効果、さらに脳の活性化など身体へ良い影響を与えるとされています。