Home > ダイエットと遺伝

食生活や生活習慣が多きく影響




子供の肥満は遺伝によるものが原因であるという意見があります。

しかし、必ずしも遺伝が肥満の原因とは言い切れないようです。

肥満の一番の原因は食生活や生活習慣が多きく影響しています。

親が太っていると、食生活や生活習慣が太りやすい場合が多く、一緒に生活している子供も太ってしまうという事が考えられます。

子供の肥満の原因がすべて親の生活習慣と関係している訳ではありませんが、影響を与えれいる可能性も十分にあります。

家族で食生活に気をつけて、運動を行なうなど健康的な生活習慣を心がけ、親子一緒にダイエットしてみると良いでしょう。

子供にダイエットをさせておきながら、親だけご馳走を食べるという事はしない方が良いでしょう。

また、子供が隠れて食べる様子を感じたらダイエット方法を見直すなどしてみましょう。



ダイエットと体質改善

太りやすい体質の人は体質改善をすると良いと言われいます。
体質を改善するといっても簡単にできる事ではありません。

ダイエット道場とよばれる場所で合宿のような生活をしながらダイエットを行い体質改善を目指すというものもあります。
体質改善は自分で気をつける事で行えるという意見もあります。

中国茶や医薬品を利用しての体質改善は人気があります。
もともと食べてもあまり太りにくい人もいますが、多くの人はカロリーを多く摂取していたり運動不足などによる消費カロリーの少なさなどが太る原因となっています。

一時的に体質改善を行なっても、生活習慣や食生活が乱れてしまえば戻ってしまう可能性が高くなります。
医薬品や医療行為を利用した体質改善を行なう前に、生活習慣や食生活を見直して改善していく方が身体への負担も少なくダイエット効果も期待できます。