Home > ダイエットと脂肪燃焼

ダイエットにはつき物停滞期




人間は寝ているだけでもカロリーを消費しています。

日常生活で消費するカロリーが食事などによる摂取カロリーより少ないとその分が脂肪となり身体に蓄積されます。

この為、運動などをとりいれ消費カロリーを上げる事で太らない体型を保つ事ができます。

ダイエットで体重を減少させる為には、体に蓄積された脂肪を燃焼させる事が必要です。

単純に摂取カロリーと消費カロリーだけでは、痩せやすい身体を作る事はできません。

効果的に脂肪を燃焼させる為には、体内に沢山の酸素を取り入れる事が必要です。

ダイエットに有酸素運動が効果的と言われるのは、この為です。

一度蓄積された脂肪は簡単には落ちてくれません。

よって停滞期といった時期がダイエットにはつき物です。

この停滞期でダイエットを挫折してしまう事が多いのですが、停滞期は脂肪を効果的に燃焼させる為の準備期間と捕らえ、前向きに身体と向き合うようにすると良いでしょう。



ダイエットと基礎代謝

年齢を重ねるにつれ、ダイエットをしても若いときより体重が落ちにくくなったと感じる方も多いでしょう。

食事に気をつけて摂取カロリーを減らしても、いまいち体重が落ち無いというケースも少なくありません。

これは、身体の基礎代謝が低下している事が原因と考えられます。

基礎代謝は年齢と共に低下し、さらに細胞の活性化も低下します。

基礎代謝はコレステロール値の上昇や肥満とも関係しており、身体のあらゆる部分に影響を与えます。

血行不良や睡眠の浅さなど、年齢と共に気になる事柄にも関係しています。

体重の落ちやすい身体作りや健康維持の為にも基礎代謝を上げる事が大切です。

基礎代謝を上げるには、適度な運動を心がけましょう。

サプリメントや健康補助食品を利用する事も良いでしょう。