Home > 目標を立てダイエットする

目標とする数値




ダイエットをする場合、目標を立ててから行った方が成功する確率は高くなります。

目標とする数値は無理のない程度にした方が良いでしょう。

また、あまり少なすぎる数値も直ぐに達成してしまう為、ダイエットの効果は期待できません。

体重ならば一ヶ月で三キロ程度が利用とする目標数値でしょう。

ダイエットではカロリーコントロールが必要となります。

カロリーダウンの方法で簡単なのが調理方法の工夫です。

衣を付けて油で揚げるフライなどは高カロリーとなります。

茹でたり蒸したりといった調理方法は肉や魚類は余分な脂肪を減らす事ができカロリーダウンができます。

蒸す調理法は野菜類ではビタミンなど大切や栄養を失う事無く摂取できる為、ダイエット向きの調理方法といえるでしょう。

カロリーコントロールを心がける食事方法は、目標を達成後のリバウンドにも効果的です。



成功率はぐっとアップ

ダイエットを行なう前に、目標を立てると成功率はぐっとアップします。
「何キロ痩せる」や「ウェストを何センチ細くする」ち言ったものや、入らなかった洋服が入るようになるというのも良いでしょう。

目標が決まったら、ノートや手帳にレコーディングしていきます。
レコーディングとは、食べた物や体重、測定したサイズなどを書き記していく方法です。

レコーディングする事で、意識せずについついに食べてしまっている物や体重の変化を知る事ができます。
また、書くという事で、客観的に自分のダイエット方法を知る事もでき、ダイエットの成功確率は高くなります。

レコーディングを続ける事で、リバウンドの可能性も減るとされています。
やる気が薄れた時には、もう一度目標を確認し直すと良いでしょう。