Home > 緑効青汁の効果

緑効青汁の特徴



野菜嫌いの方や食生活が乱れがちという方に手軽に野菜の栄養素を摂取できると人気なのが青汁です。
中でもアサヒ緑健に緑効青汁は、飲みやすく体に必要な栄養素を摂取できると人気です。

緑効青汁の特徴として上げられるのが特許であるゴールデンバランスです。
主原料の大麦若葉は不水溶性食物繊維ですが、これに二種類の水溶性食物繊維を加えたトリプルの食物繊維が配合されています。

不水溶性食物繊維は腸の蠕動運動を盛んにしたり、消化器官内で水分を抱え込み排便量を増やして便の排泄を促進する効果があります。
水溶性食物性には詩文保持力が高く、有害物質を吸収して体外へ運び込む効果があります。

この両方を取る事が望ましいとされており、緑効青汁を飲む事でバランス良く摂取する事ができます。
健康維持に欠かせないのが善玉菌ですが、緑効青汁は善玉菌の一つである乳酸菌が配合されています。

乳酸菌は生きたまま腸へ届けるのが難しいと言われていますが、熱や酸に強い「バリアコード乳酸菌」と「有胞子乳酸」の二つの異なる乳酸菌でいきたまま到達させる事ができます。
善玉菌を増やす栄養素となる「イソマルトオリゴ糖」と「フラクトオリゴ糖」を使用しており、体内環境改善に効果的な働きをするのも緑効青汁の特徴と言えるでしょう。



緑効青汁に含まれる成分

健康な体作りに効果的と人気なのが青汁です。
青汁というと以前は中高年の健康食品といったイメージが強い商品でしたが、最近は美容にも高い効果があると若い女性にも人気です。

さらに飲みやすい味の青汁も多く、野菜嫌いの子供にも飲みやすい商品が増えています。
中でもアサヒ緑健の緑効青汁は、ケールより苦みや癖が少ない国内産大麦若葉が使用され、抹茶風味で美味しいと評判です。

緑効青汁の特筆すべき点に含まれる成分の多さがあります。
日本人が不足しやすいと言われる食物繊維は成人病予防に効果的な栄養素です。

妊婦や妊娠を望む女性が積極的に摂取した方が良い葉酸、鉄、丈夫な体作りに欠かせないカルシウムも含まれています。
さらにビタミンE・B1・B2,ビタミンK1、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛、カロテン、ナイアシン、脂質、糖質、ポリフェノール、クロロフィルなど健康な体を維持する為に欠かせない成分も含まれています。

加えて健康な体作りに欠かせない16種類の豊富なアミノ酸が含まれています。
リジン、メチオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシンの9種類は必須アミノ酸と呼ばれ、食物から摂取が必要です。

しかし、なかなかバランス良く食事で摂取するのが難しいという方でも緑効青汁なら手軽に摂取する事ができます。